どんな面接にも受かってしまう反則的な3つのS

こんにちは。

コンサルタントのぬっくんです。

どれだけ素晴らしい

受け答えをしても

なぜか面接が受からない

あなたはもしかして、

そんな悔しい経験を

したことはありませんか。

手ごたえを感じたのに

お祈りされてしまうと

くそ、何がダメなんだよ

と、とても絶望して

悲しくなりますよね。

ですが、

今後はそのようなことが

一切なくなります。

なぜなら

その原因を

あなたに

お伝えするからです。

そして、

その症状がピタッと

止まる反則級の

裏ワザを教えていきます。

さあ、準備は

いいでしょうか。

それではお伝えします。

その原因は

大きく分けて、

二つあります。

そのうち一つは

一つの質問に対して

あれもこれも

返してしまう

これが原因です。

面接では

あなたと面接官は

初対面だと思います。

初めて会ったばかりの

二人。

まずは

お互いのことを知るために

面接官は志望動機や

自己PRの内容をもとに

あなたに質問をしてくるでしょう。

このとき、

一つの質問に

あれもこれも

返してはなりません。

あなたの前にいる

面接官ですが、

じつは思ったよりも

記憶力がいいわけでは

ないんですね。

というのも面接官は

一日に何十人もの

就活生の相手を

しているので

あなたの時には

じつは疲れて

しまっている可能性が

とても高いです。

なので、

伝えたいことがたった二つでも

面接官は手元の

資料と照らし合わせ

必死にメモを

取っているのです。

そして、それが

3つ、4つと

なると面接官は

こんがらがってしまいます。

その結果、

あなたがどれだけ

素晴らしい志望動機や

自己PRを考えてきても

評価することが

できなくなってしまい

点数がつけられない、という

ことになりかねません。

そのため、

質問に対する

答えは一つに

しましょう。

そして、二つ目です。

もし伝えることが

一つにできてもまだ、

落ちてしまうことが

あります。

じつは

長すぎる返事

というのも

問題があるんです。

たとえば、

あなたの返事が

もし1分以上だと、

面接官の集中力が

続かないため

これもアウトに

なってしまう可能性があります。

なので、相手が

くたくたであることも

考慮に入れて返事を

していかないといけません。

一つの質問に対して

3040秒くらいの

答えがベストでしょう。

こうすれば、

会話もスムーズになって

疲れた面接官も

しっかりと採点を

することができるんですね。

そしてここで、

あなたに

ワンポイントアドバイス

です。

実は

質問に対する

答えは一つに

しましょう。

一つの質問に対して

3040秒くらいの

答えがベストでしょう。

この、重要な二つのポイント。

簡単にできてしまう

魔法のテクニックがあります。

それは

ショート

ストレート

シンプル

この三つのSを

意識すれば自動的に

ベストな返事が

出せるようになるんです。

たったこれだけで

今まで通らなかった

面接地獄から

おさらばできます。

これを意識すれば

今までの面接方法を

変えることなく

面接官の心を揺さぶって

ノータイムで

あなたの内定が

決まってしまう

そんな未来が

手に入るでしょう。

ぜひとも

試してみてください。

今回は、

面接で使える3つのS

というテクニックを

紹介しました。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。