生きるって

前を見て、横を見て、時折空を見上げながら歩いてゆく。ゆったりのんびりと景色が流れる。

両の腕を曲げ、顎を引き、時に小走りに、ときに全力で我が道を走る。それにつれ景色も早く後ろに流れ、耳元で風が鳴る。

あるとき、その足を止めるものに遭遇する。

足元を見る、上を見上げる。そしてそれがこの足を止めたのだと認識する。

生きる意味を問いかけるとき、目の前にあるのはこんな壁だったりする。あるいは、逃れようのない塀に囲まれていると感じたときだったりする。それはまるで四面楚歌。

でも、答えなんてどこにも書かれてはいない。

それはそうだ。生きる意味は人によって、その欲求によって違うのだから。

人間が自分で意味を与えない限り、人生には意味がない。

人生の意味はひとつしかない。生きるという行為それ自体なのです。

エーリッヒフロム哲学者

僕たちは、人の体にいっとき宿った永遠の旅人。

意味を見失うことなんて誰にでもあるはず。

そんなときは、生きる意味ではなく、生きがいを探すほうが楽だったりする。

人のために生きてみる時間も、自分の救いであったりも。

生きる意味を見失ったって恐れることなどないさと、僕の中の誰かが教える。苦しくたって辛くたって悲しくたって、生きることが大事なんだよと、微笑みかける。

そう、これがきっと、大事なこととどうでもいいことの、もっとも大事なことに違いない。

どれくらいの値打ちがあるだろう

僕が今生きているこの世界に

すべてが無意味だって思える

ちょっと疲れてんのかなぁ

手に入れたものと引き換えにして

切り捨てたいくつもの輝き

いちいち憂いていれるほど

平和な世の中じゃないし

一体どんな理想を描いたらいい

どんな希望を抱き進んだらいい

答えようもないその問いかけは

日常に葬られてく

君がいたらなんていうかなぁ

暗いと茶化して笑うのかなぁ

その柔らかな笑顔に触れて

僕の憂鬱が吹き飛んだらいいのに

決して捕まえることの出来ない

花火のような光だとしたって

もう一回もう一回

もう一回もう一回

僕はこの手を伸ばしたい

誰も皆悲しみを抱いてる

だけど素敵な明日を願っている

臆病風に吹かれて波風がたった世界を

どれだけ愛することができるだろう

MrChildren/HANABI

ポチポチッとクリックお願いします。

短編小説ブログランキング

にほんブログ村

広告を非表示にする